漢方薬の成分

漢方薬の成分

漢方薬の成分

みなさんもご存知の漢方薬は、種類がとても豊富です。何千年の歴史のなかで考え出された漢方薬は、生薬のひとつひとつが、さまざまな処方をされています。そして、生薬は組み合わせによって、いろいろな病状に効果を出すわけですが、その組み合わせの数も、どれくらいあるのか計り知れません。

 

さて、私たちがイメージする漢方薬の多くは、植物だと思います。漢方と聞くと、木の根っことか、葉っぱとか、そうしたイメージを持っている方も多いでしょう。確かに漢方薬の成分は植物を原料にしている成分も多いですが、さらに他の成分を含むものもあります。

 

それは、動物性の成分であり、また、鉱物の成分なのです。動物性成分はイメージもつきやすいかもしれませんが、鉱物も使われていることを知らない方も多いと思います。ということで、ここでは、漢方薬の成分について、特に植物以外ものをご紹介して行きたいと思います。

 

みなさんがよくご存知のガマの油も、漢方薬として、昔から効果の高いものです。このガマの油の成分は、どのような効果があるのかと言いますと、めまいや強心に効くそうです。お馴染みの薬である、「救心」の原型とも言えるでしょう。また、他にも驚くようなものが漢方薬として使われています。

 

例えば、蝉の抜け殻ですとか、にかわですとか、熊の胆嚢などが代表的でしょう。さらには、アブや、ゲンゴロウ、シナゴキブリ、サツマゴキブリ、ヒル、キョクトウサソリなども漢方薬の原料として成分が使われます。

 

一般に言って、動物性の生薬は、植物性の生薬に比べて、効果が激しく出ます。強い溶血作用がある成分は、使用法が限定されることもあり、使用には注意が必要です。

 

それから、鉱物性の漢方薬では、どのようなものがあるのかと言いますと、古代の化石などです。
また、宝石として有名な琥珀も、実は薬として効果があるのです。そうは言っても、宝石を砕いて使うのではなく、ちゃんとした、漢方薬用の琥珀が存在しています。
それから、石膏も漢方薬の成分として使われます。石膏と言えば、建材のイメージや、チョークを連想する方も多いと思いますが、このようなものを服用して大丈夫なのか不安に思う方もいらっしゃるでしょう。鉱物の成分を漢方薬にする際、主にミネラルを取り入れる役目として活用されます。

 

例えば、石膏でしたら、含水硫酸カルシウムですから、この成分を薬に取り入れるために処方されます。日本では認められていない水銀やヒ素なども、中国では、漢方薬に配合されています。ですから、中国に旅行した際に、お土産で漢方薬を購入する方もいらっしゃるでしょう。

 

中国本場のものは効果が高いと思い、個人で中国から漢方薬を輸入する方もいらっしゃるでしょうが、それを服用することは好ましいことではありません。漢方薬を処方してもらうのでしたら、日本で認可されている漢方薬だけを使って調剤を行うべきなので、漢方薬局に相談したり、病院での処方をお願いしたりしましょう。

 

漢方薬の成分

漢方薬の飲み方その1

漢方薬と一言で言っても、みなさんもご存知の通り、その種類も多く、また、飲み方も種類別によって違ってきます。漢方薬でも、顆粒状態に作られているものであれば、西洋薬を飲むように、口に放り込み、水で流し込むような、服用方法を取るものもあります。

 

それから、水に溶かして飲んだり、白湯に溶かして飲んだりすることで効果を発揮する漢方薬もあります。粒のものではなく錠剤ならば一般的に、水で飲むことがほとんどですよね。
ですが、漢方薬の中には、その効果を発揮させるために、口の中で一度、噛み砕いてから飲むものもあります。噛み砕いて飲むなら、最初から錠剤にしなければよいと思う方も多いでしょうが、錠剤にすると持ち運びが簡単になるのではないでしょうか。

 

それから、昔から漢方と言えば、やはり、煎じて飲む方法ですよね。漢方の材料となるものを、やかんや鍋などで煮立てて、その煮汁を飲むという方法が昔から一般的でした。
手間はかかりますが、材料さえ手に入れば、自分でも出来ることであり、お茶を煮立てる方法にも似ていますので、それを面倒に思わない方は、煎じる方法で続けられると思います。
面倒に感じる方は、処方の際に相談して、錠剤や顆粒などをもらえるようにしたほうが無難でしょう。せっかく処方してもらった、漢方薬も面倒で飲まなくなってしまっては、病状も改善されませんからね。

 

このように漢方薬の飲み方は、種類によっても違っていますし、処方される際にどのように飲むのか、指定されると思います。

 

漢方薬の成分

漢方薬の飲み方その2

漢方薬は正しい飲み方を守って、服用を続けて行くことが大切です。正しい方法で飲まないと、せっかくの漢方薬も効果が出ないのであれば、これはもったいない話ですからね。
ほとんどの漢方薬は、漢方の治療院で処方してもらって、それを持ち帰り、家で飲むというケースが一般的ですよね。煎じて飲む漢方薬の場合、毎日、薬の時間の度に煎じていては、効果のためと言っても、飲むことが大変になります。

 

それに、お仕事をしている方は会社で煎じるわけには行きませんから、その際は生薬を乾燥粉末にしたものを処方してもらったほうが便利でしょう。
このように、自分の生活スタイルに合った処方をしてもらうことも大切です。
いくら良いお薬を処方してくれても、生活に合わないものであったら、飲み続けることが出来ませんからね。
また、本来の漢方薬のように、個人に合わせて一人ひとりに処方するものではなく、広く一般的な症状に対応できるよう、製薬メーカーが製造した漢方薬もあります。これでしたら、市販の薬と同じですから、手軽に飲むことができますよね。
例えば、カネボウやツムラなど、大手メーカーも漢方薬に力を入れていていますから、薬局やドラッグストアでも漢方薬を購入することができるでしょう。風邪薬などは、漢方の成分を使った薬は、今や、多種類出ていますので、興味のあるかたはチェックしてみてくださいね。
それから、漢方薬の飲み方で、他の薬と違うところもあります。間違った飲み方ですと、漢方の効果が出ないこともありますから、注意したいものです。

 

漢方薬の成分

漢方薬の飲み方その3

漢方薬を服用して治療をする際に、一番大切なことは、基本的なことですが、「薬を飲み忘れないこと」です。1 日にどれだけの量を飲めばよいのか、きちんと考えられて、計算されて、漢方の成分が配合されていますので、正しい服用量をきちんと摂取しないと効果がなく意味がありません。
また、漢方薬は食間に飲むことが、一番、効果的だと言われています。食間ということは、だいたいですが、食後から、2 時間、3 時間くらい経ったころでしょう。通常の薬ですと、食前や食後が多いですが、漢方薬は食間に飲むように決められていることが多いです。

 

これは、なぜかと言いますと、胃の中の食べ物がだんだんと消化されて、薬が体に吸収されやすい時間だからです。食前ですと、胃腸への負担が大きくなってしまいますので、食間が漢方薬には、その効果から考えてもベストなタイミングなのです。
食後の薬は忘れない人が多いようですが、食間の薬は、もう何時間も経ってしまっているので、つい忘れてしまうことがあります。忘れないためには、飲む時間を何時と決めておいたほうが良いですね。
例えば、9 時と3 時とか、自分の普段の食事時間を考えて、毎日、定時に飲むように習慣づけておけば良いでしょう。
最後に、漢方は苦くて飲みにくいと言う方も多いです。特にお子さんに飲ませたい場合、仕方のないことですが、子供が嫌がって飲んでくれないケースが多いです。そのような場合は、甘いはちみつを混ぜたり、とろみをつけて口当たりを良くしたりすれば、飲みやすくなるでしょう。

 

漢方薬の成分

効果的なステップまずはお風呂で体を洗い、清潔な状態になったら『みんなの肌潤風呂』で入浴します。別府明礬温泉の天然成分である「湯の花」がさらに皮膚の油脂や汚れを取り除き、お肌の潤いを守ってくれます。次に『みんなの肌潤糖〜アトケアタイプ〜』を使用してお肌を潤いが浸透しやすい状態にします。このお手入れの後に『みんなの肌潤風呂』でかけ湯をして流すとさらに潤いキープ力がアップします。最後に、『みんなの肌潤ろーしょん』でたっぷりと潤いをお肌にチャージします。これらの3つのステップの相乗効果によりお肌のバリア機能がサポートされ、健康的なお肌の状態に導いてくれるのですね。敏感肌にも安心な無添加化粧品お肌のバリア機能が低下しているときにはさらなるトラブルを招かないよう、直接お肌につける化粧品等は低刺激のものを選ぶことが大切です。「みんなの肌潤シリーズ」は着色料・合成香料・防腐剤等が無添加で安心ですね。悩めるお肌のトラブルを改善していくためには、本来お肌が持つバリア機能を回復させることが大切です。

 

私はストレスがたまると、まぶたがピクピクします。これって病気なのでしょうか?治療したほうが良いのでしょうか?「ストレス まぶたがピクピク」で検索してみてください。その中で思い当たるものがあれば参考にしてみてください。奥が深いみたいです。私もなることがあります。あれってストレスからなることなんですね、初めて知りました。まぶたがピクピクしたら、ストレスを感じていないか、自分を振り返ってみようと思います。 目の上まぶたがピクピク痙攣するようになってしまって一体どうしてだろうと不安になっている方も少なくないみたいです。どうして、上まぶたが痙攣を起こしてしまうのでしょうか?そこで、今回は目の上まぶたが痙攣する原因や、対処法についてご紹介していきます。目の上まぶたがピクピク痙攣する原因とは?目の上まぶたがピクピク痙攣していまう場合に考えられる原因についてご紹介していきます。可能性1,疲れストレス(眼瞼ミオキミア)疲れやストレスがたまってくると、眼瞼ミオキミアになる場合があり、片目のまぶたがピクピクするようになります。普段の生活習慣を改善して、ストレスをためないようにすると改善していくとだんだん治まってきます。